行田市仏教会

東日本震災法要
通年事業

「東日本大震災追悼法要と震災語り部」

平成28年3月11日 金曜日 午後3時46分〜
東日本大震災から五年目となります。行田市仏教会では震災五周忌にあたり 、 東日本震災殉難者の追悼記念法要を行田市須加の長光寺で営みました。
追悼法要の後、長光寺石の蔵「空華」にて公益財団法人「シャンティ国際ボランティア会(SVA)」 専門アドバイザーの大菅俊幸氏に「これからの仏教者像を考える〜有馬実成師と臨床宗教師に学ぶ」 と題して、宗教者のボランティア団体の嚆矢である有馬実成師の活動について講演をいただきました。
   有馬実成師はカンボジア難民を救うボランティア活動を通じて『難民を救うのは当事者の難民自身である。 ボランティアは難民の自立を助ける触媒であることを勘違いしてはいけない』と教えています。



長光寺本堂における東日本大震災四周忌追悼法要の様子です。

通年事業

「蓮の花 寺めぐり」活動への参加と協力。ホームページ運営。
「行田語り部の会」後援など。